Poland / チャーム"ミリアムの手"

Sold Out



ポーランドの古都クラクフは、ユダヤ人にまつわるストーリーの多い街。そんなクラクフにあるユダヤ教の会堂"シナゴーグ"で見つけた、陶器製のアミュレット。
モチーフの手と目を見た時に、アメリカのデザイナー、アレキサンダー・ジラルドが南米ものを中心にコレクションしていた各国の宗教的なアミュレット類を彷彿し、おもわず触手が伸びました。
"ハムサ"もしくは"ミリアムの手"とも呼ばれる手形のこれは、ユダヤ教やイスラム教共通のものらしく、邪視から身を守るためのお守り。
名前は「5」を意味しているそう。とても小さな、キリスト教でいうなら身に着ける"メダイ"のようなものだと思われます。
縦2.7cm 横2cm 穴φ2mm弱
ポーランド ユダヤ教 ハムサ ミリアムの手 161218
Poland / チャーム"ミリアムの手"

Sold Out

この商品について問い合わせる

前のページへ戻る