Rut Bryk / SEITA / 無地 Red

Sold Out



近ごろ日本でも、20世紀を代表するフィンランドの女性セラミック・アーティストとしてその存在を知られるようになってきたルート・ブリュック(1916-1999)が手がけた数少ない工業製品。1960年にデザインされたテキスタイル・プロダクト"SEITA"シリーズ。

先日フィンランドで開催されていた企画展""でも"SEITA"を紹介するコーナーではカラフルな糸や生地サンプル、同系色にもかかわらず多色展開されたファブリックのコレクション!が整然と並ぶ様子には、生地オタクではなくともヤラレました。ルート・ブリュックの、このデザイン・コレクションに対する情熱と姿勢を垣間みることができたラッキーな瞬間です。(下から2枚目の写真が、その企画展の生地サンプル参考画像です)

メーカーFinlayson社で1960年代に展開された生地。当時はタオル、テーブルクロスやナプキン、ハンカチ、スカーフ、ベッドカバーといった製品のほかに、メーター販売されていた生地があったようで、これはそのメーター販売されていたものになります。
レーヨン素材を混ぜることで、生地の艶感をみせたものなのだそう。
色鮮やかな発色の赤色は、使い込まれたものでも気品漂います。
状態良好なヴィンテージ。
生地幅141cm x 長さ216cm

Rut Bryk ababia 1957 北欧 作品集 scandinavia 北欧 フィンランド Rut Bryk ルート・ブリュック アラビア社 ルート・ブリューク 170716 190731 190815