Täglich in der Hand. Industrieformen von Wilhelm Wagenfeld aus sechs Jahrzehnten

こちらの商品はブランドの意向によりonline shopでのカート販売を控えさせていただいております。
ご希望の方はメールまたはお電話にてお問い合わせください。
◆I (28×21cm 300p Soft-Cover)
ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルト(1900-1990)の晩年、1987年1月18日−4月15日ブレーメン州立博物館(フォッケ博物館)で催された回顧展を機に出版された図録です。英訳すると”Wilhelm Wagenfeld: Every day in the hand. Industrial forms from 60 years.”。ドイツのWorpsweder Verlagから出版されました。

1900年に生まれ、ヴァイマルに移るまでの間、銀製品の工場や美術学校で学んだ所縁の地ブレーメンで回顧展が開催されたのは、もちろん偶然ではなかったようです。1985年ワーゲンフェルトの85歳の誕生日にブレーメン州議員との会話の中でこの企画が持ち上がり、ブレーメン以降はフランクフルト(87年)、ベルリン(88年)、シュトゥットガルト(88年)を巡回する大回顧展となりました。

そのためか、彼が初期バウハウス(ヴァイマル)に在籍していた23年から発表したプロダクト、初期の版画などの貴重なビジュアルに加え、彼自身の寄稿やワーゲンフェルトに関する記事及び未発表の内容などをまとめた非常に資料性の高い一冊となっています。

青のタイトル以外装飾の一切ない白に、彼のデッサンがプリントされたトレーシングペーパーカバーの装丁は、形を模索する過程がレイヤーとなって透けて見えるようです。2版以降はデッサンが表紙にプリントされており、この仕様は初版のみ。

トレーシングペーパー製ダストカバーに破れがあります。全体に経年相応のヤケ、変色はございますが、状態は概ね良好です。

1987年/初版
テキスト/ドイツ語
ウィルヘルム・ワーゲンフェルド