Wilhelm Wagenfeld /Saale Glass / Cocoa Jar

こちらの商品はブランドの意向によりonline shopでのカート販売を控えさせていただいております。
ご希望の方はメールまたはお電話にてお問い合わせください。
ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルトが1933年にデザインしたココアジャーは、クラシカルな中にもモダンな佇まいが美しい使えるアート作品。透明なガラスが独特のフォルムを得て織りなす世界が、堪能できます。
今回紹介するカカオポット(ジャー)は、オリジナルの蓋もちゃんと付属したレアなものになります。

ドイツにおけるガラスの歴史は19世紀にさかのぼり、なかでも実験用の薄く耐久性に優れた耐熱ガラスで高い技術力を誇っていました。このポットは底面のサインから、ザーレのガラス工場で作られたもの。バックスタンプの"feuerfest"はドイツ語で耐熱を意味しています。イエナガラスと共に、ヴァーゲンフェルドの作品を製造していました。1940〜50年代の作品だと思われます。
ガラスはとても薄く、色合いも独特です。製造過程で生じたものとして、薄っすらと斜めのラインがボディ(画像5枚目)に、また取っ手の接合部にガラス質の変容(画像6、7枚目)が見られますが、使用感は少なく、経年を考えるととても良いコンディションです。
バックスタンプあり。
1933年デザイン

Size
Φ69/W140(ハンドル含む190)×H165(蓋込180)mm

From
Germany

Wilhelm Wagenfeld ヴィルヘルム・ワーゲンフェルド WMF社