李朝 / 白磁餅型

こちらの商品はブランドの意向によりonline shopでのカート販売を控えさせていただいております。
ご希望の方はメールまたはお電話にてお問い合わせください。
李朝時代の陶磁器、白磁の餅型です。当時は各家庭に最低ひとつ、餅型があったそう。餅型とはお菓子や餅に模様をつける道具です。

芹沢げ陲装丁を手がけた『李朝陶磁餅型図譜』も出版されるほど(?)日本でも人気のあった李朝の餅型。日本では茶道や書道の道具に見立てられています。しかし各家庭で実用的に使われていたこともあり、材質含めよいコンディションで見つける事はなかなかないもの。

といううんちくは置いておいて、この鳥、なかなか良い顔してませんか?しっぽのふっさりとした毛束感も見事。

印の外枠に亀裂がありますが、おそらく制作時からのもの。ダメージではありません。その他使用感はありますが、餅型としては非常に良いコンディションです。

直径7.8cm x 高さ7.9cm
韓国 朝鮮 Joseon 李氏朝鮮 陶器 器 170305