Charlotte Perriand/Dinning Chair

Sold Out



W420×D445×H825/SH460mm
シャルロット・ペリアンは1935年にブリュッセル万博博覧会「青年の家」の会場で藁張りのアームチェアを発表しました。このダイニングチェアは、その後ペリアンが1939年にデザインしたもので、先の藁張りのアームチェアの意匠をいかし、シリーズ的にデザインしたものと思われます。
作品集では"L'EOUIPEMENT DE LA MAISON"(家の装置)とタイトルされた図面に、どちらの椅子も紹介されています。

1930年代頃からペリアンは木材の特質を愛し、好んで使ったようです。
「金属という素材のほうが木材より優位だ」という当時の一般的考え方からは意見を異にする、彼女の大胆な思考にも、とても共感してしまいます。

木のフレームは、背もたれにかけて傾斜したフォルム。クラフト感たっぷりの荒削りな脚のフォルムが、ペリアンのこの当時の"木材への想い"を感じさせてくれます。
この1脚は、脚の部分に偶然"ふし"があり、ますますクラフト感を感じるものです。
濃い色のフレームが珍しいもの。座面・背もたれともに経年変化相応の小キズと使用感は有りますが、構造的ダメージはありません。状態良好なヴィンテージ。

こちらは、希少なヴィンテージ商品です。従って、配送はヤマト運送の「らくらく家財宅急便」をおすすめします。通常の佐川急便では、万一の破損の場合の保証が完全ではない場合があります。その為、お振込みによる通信販売対応のみとなりますこと、予めご了承くださいませ。

※配送方法について
カートに入れた際には、いったん「宅急便・佐川急便」をお選び下さい。のちほど、こちらでヤマト運送の「らくらく家財宅急便」への変更を行います。
Charlotte Perriand chair フランス 椅子 170323 171013
Charlotte Perriand/Dinning Chair

Sold Out

こちらの商品はブランドの意向によりonline shopでのカート販売を控えさせていただいております。ご希望の方はメールまたはお電話にてお問い合わせください。

この商品について問い合わせる

前のページへ戻る