Charlotte Perriand / cassina / "LC7"

Sold Out



W610 x D545 x H715/SH500mm

ル・コルビュジエのアトリエに入所した翌年の1928年に、シャルロット・ペリアンは早くも装飾美術展にこの椅子を発表しました(椅子のデザインは1927年)。もともと伸縮可能なテーブルとセッティンッグされたもので、「食堂」をテーマにしたものだったらしく、クロームメッキのパイプを使った回転する椅子は「住居設備」だったというから驚きです。それは、アールデコからマシンエージへ、装飾から機能へと転換した時代の要請への彼女なりの回答だったのです。
当初はトーネット、その後カッシーナに移り、現在も製作販売されているイコン的椅子。それにしても、優雅な雰囲気ですよね。
カッシーナ社製の中古です。コンディションは良好。
脚にカッシーナとコルビュジエのサイン、および製造番号の刻印があります。

※こちらのアイテムは、ヤマトのらくらく家財宅急便:Bランク でのお届けとなります。そのため代金引換のサービスはご利用いただけませんこと、予めご了承下さい。
ご注文の際には、配送方法を一旦「佐川急便」とお選び下さい。後ほどこちらで「ヤマトらくらく家財宅急便」による送料などをお知らせいたします。
Revolving armchair Charlotte Perriand in 1927 180908
Charlotte Perriand / cassina / "LC7"

Sold Out

この商品について問い合わせる

前のページへ戻る